ホーム > ネット > マイナスになる

マイナスになる

FX取引をはじめたばかりの方が相場の肝心なところを押さえるには、まず初めに注文を積み上げる事が大切です。

 

とりわけ、直前にピンチを気付くようにするようになるにはへまをすることも体験のひとつです。

 

無論、マイナスになるといっても、致命的な間違いをする事は問題外です。

 

取り戻せるぐらいの過ちを数度重ねる事が、結果的にあなたの経験値を高めてくれるはずです。

 

これを考えると、まず初めは少ない額で投資して、それで何回か取り返しが付くマイナスを経験することを推奨します。

 

例えとして、100万円だけしか投資する余裕が無い場面で、深く考えずに100万円を一円も残さないで投入して注文すると、間違えた時、永遠に立ち直れなくなってしまう恐れがあります。

 

それよりも、ひとつの例として10分の1ずつ分割して取引してそれで失敗や成功を体験した方が、着実にミスを埋め合わせる方法なども身についていくはずである。

 

まず最初に小さな額でトレードする事の長所は、自分自身の経験値を増やし失敗を避ける技術を習得していく事にありますが、それと同時に、エントリーの回数を重ねる事で、偶然を小さくできるという長所もあります。

 

想定として、1回だけの売買で儲けられる可能性が50%とします。

 

この条件では、等しい確率で損するリスクもあります。

 

勝率5割ということは。

 

半分半分の比率でプラスになる事を言い表しています。

 

だがしかし、全てを注ぎ込んで1度だけのエントリーをするということは、100%の勝ちか、100%の負けかのいずれかになってしまう。

 

これではたんにギャンブルと同じです。

 

これは、全財産を投入して1回のみしか勝負しないと大損する比率が大きくなります。

 

これを避けるために、投資資金を全て投入するのではなく、何度かに分けて投資経験を重ねる事がリスク分散となる。

 

何回かに分けたとしても全てのエントリーで稼ぐ事は必須ではありません。

 

はっきり言うと、全て勝つことは出来ないのが実際のところです。

 

不可欠なのは、勝ち負けの回数ではなく、いくら利益を上げるかです。

 

勝率が同じでも、また勝率が低くても利益を上げる事が出来ます。

 

負ける確率が高くても損がわずかならば3割の勝利の儲けだけで上手に利益を上げられます。

 

そのために大切な事は損失を少なく、利益を大きくを気をつけておくことです。

 

損失が出たら即損切りして、それとは逆に勝った場面では可能な限り大きく利益を上げることが外為初めての方がFXで勝利するための極意です。