ホーム > サプリ > 取るべき術は2つ

取るべき術は2つ

ありふれたはじめたばかりの人向けの外為取引のテキストでは「マイナスになった状況ではナンピンすることでポジションの買い付け価格を小さくする」などと述べられていたりする事もありますが現実的にはここには相当の落とし穴があると思います。

 

まず最初に、ナンピンの方法に関して手短に述べておきます。

たとえば、100円で1ドルを買ったとします。

 

$(ドル)買いですから、ドル高に向うほど儲けが出るわけですが思っていたのとは逆に1ドルが95円まで円高方向に触れたとします。

 

その場合所有し続けたら、プラスになるためには、5円分、円安ドル高に動く必要があります。

 

皆さん、赤字は早く回復したいと願います。

 

これを解決するため最初に売買したのと同額の$を1ドル95円で買い増します。

 

そうすると、ポジション全体の平均の単価は97円50銭まで低くすることができる。

 

その結果、2円50銭の幅でドル高が進めば、マイナスを失くせます。

 

これが、ナンピン買いの方法です。

http://daichiw.meblog.biz/

このように、ナンピンの仕組みを目にすると、「なるほど」と考えるが為替相場は簡単には思った通りにはなりません。

 

そもそも、1ドル95円が底だということなどなんびとも予想できません。

 

例として、外国為替市場が強い円高ドル安トレンドであるならば95円ではとまらずより一層円高ドル安に向う確率が高いです。

 

一例として、97円50銭でナンピン買いを入れたにもかかわらず、1ドル=95円までドル安に向ったらナンピンしたポジションにも損が生まれます。

 

その状況では、最初に持ったポジションと合計でマイナスを被ることになる。

 

この例のように、ナンピンは大変です。

 

それでは、為替が台本とは反対にどんどん向ってしまった場合どういう対策で危機を管理すればいいのでしょうか。

 

この場面では取るべき術は2つあります。

最初のひとつは潔く、損を確定する事です。

 

別の方法としては、現在、自分か所有しているポジションを縮小することによって、為替相場が元のようになるのを動かないで待ち望む事だけです。

 

少し後ろ向きなやり方だとおっしゃる投資家もいます。

 

だけど、自分の持っているポジションに差損が生じた場合一番危険の少ない手段はこの他にはないです。

 

勿論、理屈の上ではナンピンを入れるという手段もあると思います。

 

だがしかしナンピン買いは、自身が損失を披っているにもかかわらず、買いポジションを減少させるどころか反対にポジションを買い増していく対策です。

 

これでは、リスクを避けることなどとても無理だと考えたほうがいいです。

 

ナンピンを続けられればいつの日にか儲けが出るかもしれません。

 

だけど、そうなる前に資金はショートしてしまうだろう。